So-net無料ブログ作成

ロードバイク 昨今事情 [自転車ネタ]


ロードバイクは、今やブームを超えて社会に定着してきましたね。
昔はピチピチのサイクルジャージ着てるオヤジなんて滅多に見かけ無かったのに、
フツーに走ってます。市民権を完全に得た感じ。

1114a.jpg

僕は20年ほど前、ツーリング途中でコーヒー飲もうと南房総の鴨川グランドホテルへ入ったところ、
門前払い食らいました。
千倉温泉・千倉館でも、
「そんな格好じゃダメだよ!」と野良犬を追い払うが如き
“シッシッ”のジェスチャー付で追い払われました。
ちゃ〜んと「日帰り入浴できます」と立て札がでていたのにです。

またコンビニ前でイオンサプライしていると、
「あんちゃん、頑張ってるな!今度、買ってやるよ、名前なんて言うんだ!」と
見知らぬオヤッサンから競輪選手に間違えられること多数。
長いこと「自転車=競輪ギャンブラー」のイメージが強かったですねぇ。
今じゃ、ロードバイクに乗ることがお洒落になっている?のですから、変われば変わるもんです。

が、しかし、疑問もあるのです!!
よく自転車雑誌で、お洒落なカフェの前にロードバイク置いて、
モデルの男女が微笑んでいるカットがありますよね。
いかにも「スタイリストが選びました!」っていうウェアを着て…。

僕は思うのです。
ああいうサイクルライフを楽しんでいても
雑誌によく書いてあるダイエット(健康)効果は期待できないのではないかと。

インナーでクルクル軽いギアを回して走ったとしても、
30分も走れば、汗びしょになってきます。
額は、塩化した汗の結晶でジャリジャリでござんすヨ。

お洒落でファッション感度の高いサイクリスト、本当にいるんですかねぇ。
というより、お洒落なエクササイズなんてあんのかぁ?

車道走れば排ガスまみれ、ツーリングから帰ってくると鼻の中は真っ黒!
だけど、そんなことに滅入ることなく自分の道をひた走る!
それがロードバイクだぜ!!

足がツっても、サロメチール塗ってゴマカシゴマカシ、ゴールを目指す。
自転車って、修行僧の世界に似ていると思うんだけど、
何も考えず、無の境地でペダルを踏むだけ。
上り坂を越えれば痛快な下りが待っている。
山あり谷ありの人生を凝縮したような世界なのだ。

な〜んて、思ってみたりするんですよ。
時代錯誤なんでしょうけど、好きなんだな〜こういうの。

1114b.jpg




nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。